フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

しちみです。タイトルどおりです。

レビュー書いたよついに書いちゃったようわああああ!

ということが言いたいだけなので、レビューをつけた作品について語ることは、ここではいたしません。


いやしかし、緊張しますねレビュー。

文章これでいいかな、とか、的外れなこと書いてねえかな、とかいろいろ考えました本当に。全身からぶわっと変な汗が出てきました。本当に。
更新ボタンを押した後のやっちまった感がすごいです。でも、なんだか、新しい一歩を踏み出せた気分でもいます。

これから少しずつ、レビューを書くことへの抵抗もなくなってゆくのでしょうか。そうだといいな。
これからもときどき、尻に火がついたときに、レビューを書いていくかもしれません。温かく見守ってあげてください。

<以下恒例の連載作品情報>

『ぼくらの冒険譚』Ⅴが始まっています。Ⅲの延長戦のようなお話でもあり、この次――Ⅵへの前振りのようなお話でもあります。
クレマンは男を見せられるか。こうご期待です。