なんか変な話かも知れないけれど、主人公の明日美ちゃんってゾンビパニックになっても周りに最高戦力が五人もいるし、弓道有段者、剣道有段者がいるし薙刀有段者までいるし、しかも上記の9人と親しい仲だし、いつでも助けてもらってるし、はっきり言ってゾンビパニックでもあまり怖い思いをしていないのではないかと夜、そうおもいながら、気がつくと寝ていました。
私は、なんか変な夢を見ました。
なんだか世界がゾンビで溢れかえってる夢で、夢の中で私は主人公明日美になっていました。
周りに、私の小説の登場人物9人もバッチリいました。
こんな頼れる人がたくさんいたら怖くないなと思っていたのにとても怖かったです。
怖い夢でした。
いくら最高戦力がいても怖かったです。
なんだか夢で主人公の気持ちが知れました。