こういうエッセイを書くと必ず、知らないくせに‼️差別だ‼️個人攻撃だ‼️と、障害者から言われ、乗っかる健常者がいて、関わるの面倒だなと、避ければいいのを、私は、それ、違うよね?と、正論?反論?するから、ややこしく、そして、私も自己嫌悪に陥るんです。

考えてみてよ、私だって団塊はもちろん、今の45~59才は上司になるし、この年代は学校も会社も戦ってきた、終身雇用は崩壊し、実力社会に移行しつつも、守られるはずと、信じていたものが崩壊、さてさて、どうしようと、もがいている、そんな、年代からしたら、やれ、発達障害だの、うつだの、コミュニケーション障害だの、言われて、あんたら、手厚く理解され、ふざけんなよ‼️甘えんなよ‼️
って考えがあるから、辛く当たるとは、立場を変えて考えてみない?

年齢に関わらず、温かみのある、厳しいけれど、対応の方はいます、分からないのは差別とか、わめくの、恥ずかしいよ、これも、感じていたから、私の執筆に至りました。
私なりの覚悟です。

3件のコメント

  • 椿 雅 様

     こんにちは、夷也荊です。
     反応があるということは、椿 雅様が相手にとって痛いところを突いているからかもしれません。なので、椿 雅様は心を乱さずに、「あれ? どうして自分はイライラ、むかむか、するのだろう?」と冷静に自己分析なさり、今後の作品の糧になさる方が、生産的だと思います。
     朝井リョウ氏の『武道館』という作品に、こんな内容があります。
     「批判したり、悪く言ったり、それは現代の匿名の世界では簡単だ。
      けれど、本当に私たちを応援してくれている人は、
      じっと何か言うのを堪えて、私たちを待ってくれているんだ」
     これはアイドル活動をしている主人公が、ネットで批判にさらされた時に発する想いの内容です。ご興味があれば、ご覧下さい。

     それでは、ご挨拶と本の紹介まで。

  • 椿 雅さま
    こんにちは♪

    レビュー★ありがとうございます!

    Twitterもどきのあのページ(もはや作品とは呼べない)は本当に日々の本音しか書いておらず、評価してもらうのに値しないと思っておりました。
    ただ、読んだ人がちょっぴりでも共感してくれると嬉しいなくらいのスタンスでしたし、たぶんこれからもです。

    でも、めちゃくちゃ嬉しいのはほんとで、『マジかー?』と声が出ました(笑)
    ステキなレビューコメントありがとうございました。

    吉本新喜劇で育ったわたくしです。
    1人ボケツッコミ頑張ります(笑)

  • 椿 雅さま
    こんにちは♪

    レビュー★ありがとうございます!

    Twitterもどきのあのページ(もはや作品とは呼べない)は本当に日々の本音しか書いておらず、評価してもらうのに値しないと思っておりました。
    ただ、読んだ人がちょっぴりでも共感してくれると嬉しいなくらいのスタンスでしたし、たぶんこれからもです。

    でも、めちゃくちゃ嬉しいのはほんとで、『マジかー?』と声が出ました(笑)
    ステキなレビューコメントありがとうございました。

    吉本新喜劇で育ったわたくしです。
    1人ボケツッコミ頑張ります(笑)

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン