触れてみようと時間を作り、読む。
サクサク読むことができる小説から、考えさせられるエッセイまで、人の数だけ物語がある。

やっぱりなぁと感じるのは、創作物には作者自身の舞台背景があり、思想がある。
読む側にも同じ、だから、面白い。
しかし、「私を理解してよ‼️」系と「そんな私を受け入れ、社会の中で私と異なるあなたと、折り合いをつけながら生きている」系に分かれる。

私を理解してよ‼️系は、個人的に読んでいて不快になる。何故なら、向こうにいる相手の事をまるで考えていないから。
こういうのが、権利権利とわめくのかなと。
何で分かってくれないの?そりゃあ、あなたが、他人を分かろうとしていないからよ。

私の体験から語ります。
みんなに理解されようなんて考えないで、分かってくれるであろう、その一部を探し当てて、ですね、そんな一方通行な人は。

暗い気持ちになりながらも、そんなあなたを分かりたい、だから、たくさんの方の話を読みに今日も行く。

2件のコメント

  • 近況ノートにコメントありがとうございます。

    死んでしまうような病気ではないのですが、かなり不自由感じました。
    まだちょっと違和感感じるのですが、日常生活には支障がないくらいに回復しました。
    実は私は精神科の病院に勤めている薬剤師なんです。
    ちょっと椿 雅さんの作品名が目にとまったもので読ませてもらってます。
    病気って理屈では分かっているつもりなのですが、実際にはその病気にならないと分からないこと、分かってもらえないこと多いですよね。

    特に精神的な病気はかなり複雑だと感じています。
    今は、患者さんの話すことをただ聞くだけなのです。
    参考にしていいものか迷いますが、読ませていただきたいと思います。

    ついでに、私の読んで欲しい作品は「堕天使転生」です。
    気軽に読むなら、「勇者桃太郎」が面白いですよ。
    どうぞよろしくお願いします。

  • ありがとうございます。
    聞いてくださるだけで感謝なんですよ。
    薬が合う合わないの臨床医学は医師に任せて、薬剤師は、この薬は喉が乾きやすくなる、だから、水分多目に取るように心がけてくださいね、水分、そうだなぁ、今は真夏の暑さだから、ポカリや、ミネラルウオーターに、塩をひとつまみ、入れたのでも、あ、コップにあけるのよ、などなど、こんな得意分野で、会話をなさると、のーばさんも、しんどくならないかと。

    何故なら、こっちは必死で理解してあげようとしてる、しかし、相手からは、自分が求めていた感謝や明るい反応がなかった、ここに、苛立ちを感じてしまうからです。

    人には立場や状況で、出る幕がある、そう私は思っています。
    人生は舞台である、そう思っています。

    もし、調べるなら、毎日の気温の変化、これ、体調に深く関わりますし、暑いけど、寝苦しくない?という、生活に身近な話題をする、ここから広がる会話もありますよ。

    我々だって、薬剤師小ネタ、聞きたいですもの。
    病んでる人に巻き込まれず、並んで歩く、そんな関わりで良いと思いますよ。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン