参加作品数

46

参加受付期間

  • 終了

企画内容

中国では、甘々なお話の中に切なさが混じっている物語を「糖里有玻璃渣」
つまり「砂糖の中にガラスの破片」と表現するようです。

甘い甘い砂糖を舐めていたと思ったら口の中が切れるのですから、キレッキレなセンスですね。さすが4千年の国。
そこから転じて「砂糖だと思って口の中に入れたら全部ガラスだった」や「砂糖かガラスか分からないけど全て飲み込んでしまった」などの例えもあるようです。

正直、甘さの中にちくりと刺さる寂しさや切なさって良いですよね。良いです、私は好きです。否定されようがお構いなし。
此度はそんな「甘いながらも切ないお話を集めよう」という企画でございます。


【参加条件】

①砂糖があること
②ガラスがあること

この二つだけになります。
表現の仕方、ジャンルは自由です。
長編、短編、未完、完結済みなどは条件に含まれません。


「砂糖とガラスが作中に出ていないといけませんか?」
「甘い砂糖じゃないとだめですか?」
「黒砂糖は大丈夫ですか?」
「ガラスに見える砂糖でも大丈夫ですか?」


諸々の質問は受け付けません。
あなたの思う「砂糖の中にガラスの破片」な物語を是非、私の砂糖の入ったガラス瓶にぶち込んでください。
珠玉の作品を、お待ちしております。


※読み合いの強制はいたしません。
しかし企画主が読んであまりにも感銘を受けた作品は、エッセイなどでご紹介させて頂く場合がございます。

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「「砂糖の中にガラスの破片」な物語を讀もう。」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。

このイベントに参加する

このイベントの参加受付は終了しました。ありがとうございました。

主催者

面白いと思ってもらえるだけの作品を作りたい夢を書き続けています。 現在は主にライトノベルとラブコメを書いております。時々現代ファンタジー。 ◇作者オススメ ・クールな白刃さんはデレで殺す htt…もっと見る

近況ノート

参加者 41