参加作品数

22

参加受付期間

  • 終了

企画内容

 今音楽が重要なテーマになる作品を執筆しているのですがそこで悩みが一つ。クラシック音楽の描写です。設定上はプロ顔負けの演奏ということになっているのですが、どうにも凄味のある描写ができません。
 ということでもし差支えなければ皆さんの芸術描写を読んで勉強させていただきたいなと思った次第です。

 芸術描写の芸術とは広義の芸術のことですので、美術や音楽は当然として、なんでも構いません。日本刀なども日本美術の一種として認めます。

 音楽もクラシック音楽からボーカロイドから合唱からカラオケまでなんでも構いません。ただ作中の登場人物がそこに何らかの芸術性を感じ取っているのが望ましいです。

 あまり一般的でないものを芸術としている場合は私の自主企画用の近況ノートなどに何話のどの部分が該当箇所なのか記していただけるとありがたいです。

 ちなみに私の理想の芸術描写は中山七里氏のドラマ化もされた岬洋介シリーズです。

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「芸術描写のある小説」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。

このイベントに参加する

このイベントの参加受付は終了しました。ありがとうございました。

主催者

本格推理小説の奴隷。 一区切りついているのは短編「雨の日に美女を乗せたら殺人犯でした。」と「拝金探偵・花御堂律哉――斬首のホワイダーニット――」、「それでもこの冷えた手が」、連作短編「やはし私の青春…もっと見る

近況ノート

参加者 19