参加作品数

10

参加受付期間

  • 終了

企画内容

映画エッセイのコンテストです。
特定の映画作品の魅力を語っていただき、
いかに「その映画を観に行かせる力を持った文であったか」
を評価します。評価するのはわたし一人です。

念のため断っておきますがカクヨム上にある
私の書いた小説等を読んでも私の映画の趣味は多分わからないです。

第一位の作品を「グランプリ」と認定し、私が自らその映画を観、
それに関する私自身の映画エッセイをカクヨムで公開します。
なお、私が過去に既に観たことのある作品であっても
エッセイが優れていれば一位に認定しますし、観て書きます。

それ以外に、参加者に対するメリットは何ら保証しません。
ついでに言うと二位以下に対してはもっと何にもありません。

下記に条件を書いていきます。

・ネット上で、トータル2000円以内で視聴可能な作品であること。

私はアマゾンプライム会員ですのでアマゾンに動画として存在する作品ならすべて閲覧可能です。他は、会員登録が必要なら登録くらいはします。セルしかない場合は買いますが、2000円以内で入手することが可能であるか、参加の前にご確認ください。

・映画一本に絞って作品を紹介すること。

エイリアンでもスターウォーズでも構いませんが、「シリーズ全部」というのは勘弁してください。何作目であるか特定できる形で、それを紹介してください。

・文字数指定はありません。

ただし、全部読むという保証もしませんので、仮に映画一本を紹介するためだけの10万字の超大作エッセイを書かれても全部読まない可能性が高いです。

・既作・書き下ろしの別は問いません。

ただし、特定の作品を紹介するためだけの、独立した作品、もしくは独立した章である必要があります。単体の章のみで参加の場合は、その旨を私の近況ノートに明記の上、作品全体をこちらに登録してください。

・私が再生可能な媒体はネット動画の他、DVD・ブルーレイのみとなります。

VHSでしか手に入らないマニアックな昔の映画などは、残念ながら手を伸ばす気が起こりませんので推薦されてもグランプリは取れません。

・映画館には行きません。

映画館で現在上映中の作品、もグランプリ対象とはなりません。既にメディア化されている作品をご紹介ください。

・作品ジャンルは問いません。

「その映画を観に行かせる力を持った文であったか」だけ見ますので、
小説形式でもエッセイ形式でもそのへんはご自由に。

・R18/R18Gはご遠慮ください。

私自身もこの場にレビューを書かねばならない都合上
流石に困りますので、これもグランプリ対象とはできません。
15歳以下のレーティングは可とします。

・アニメ、特撮等は可ですが、劇場版として作成公開された作品のみ。

つまり『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は可ですが、
「ドラゴンボールGTのDVDの何巻」とかいうのはアウトです。

質問等は近況ノート、こちらにお願いいたします。
https://kakuyomu.jp/users/tantankyukyu/news/1177354054885185963

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「偽教授杯 映画エッセイコンテスト」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。