カクヨム投稿小説の中から書籍化された作品を紹介します

タカヤマトシアキ

黄昏のブッシャリオン

アフター徳カリプス14年。徳エネルギー文明の崩壊を辛くも生き延びた人類は、即身仏を漁り僅かな徳エネルギーで糊口を凌ぐ。これはそんな遠い遠い未来、徳無き荒野を生きる人々の物語である――。