HJ文庫 7月の新刊『紙山さんの紙袋の中には』のご紹介

こんにちは。「キミラノ」パートナーの綴野つむぎです。
「HJ文庫」7月の注目作品をご紹介していきます。

オススメ作品はこちら。
華恋さんと綾乃さんのコメントもぜひチェックしてください!

紙山さんの紙袋の中には

f:id:kimirano_official:20200625144439j:plain
 

【あらすじ】

穏やかに過ごしたい高校生・小湊波人は、入学初めてのホームルームで、グラマラスながら紙袋を被り常にびしょ濡れのヤバい女子の後ろの席になってしまう。彼女の名前は紙山さん。恥ずかしさから紙袋を取れないという彼女の人見知りをなおそうと、面倒見がいいが制服にただならぬこだわりを見せる委員長新井陽向、魔法少女のパネルと喋っている天野春雨というどこか残念な美少女たちと『会話部』という部活を立ち上げることになり――。ちょっと残念な青春ラブコメディ、開幕!

 

華恋のコメント

表紙顔隠れてますよ! って初見思うのですが、紙山さんはこれでOK! ついでに極度のあがり症で、緊張すると汗で服がびしょぬれになり水たまりができてしまう、そして頭にかぶった濡れた紙袋で窒息しそうになる......はい、インパクト強すぎですっ!

プラスで、制服にご飯を食べさせたりなんて異様なこだわりを持つ新井さん、魔法少女のパネルとしか流暢に話せない春雨ちゃんと、このお話のヒロインたちは一度見たら忘れられないくらい個性抜群です。予想通り、どこかしらでコミュ力が欠けてるんですから、彼女たちが集まれば、生まれるのはまさにカオスめいた空間になります。見てるだけで楽しすぎです♪

でも、そんな印象が強烈すぎる紙山さん達は、みんなコミュニケーションが苦手なりに一生懸命で、とってもけなげで微笑ましいんです! 思わず笑っちゃう彼女たちのやり取りも、あとから見返してみるとひと味違うというか。すれ違いラブコメディを読んでる気持ちになります。ニヤニヤしながらほんのりあったかい気持ちになれたりする、すごく味のあるラブコメですよ~♪

 

綾乃のコメント

ひたすら不器用な女の子達が作る「会話部」。うまく会話のやり取りができるようにってみんな頑張ってはいるんだけど......その努力は大体あさっての方向に空回りしているの。でも、そんな不器用な子たちだからこそ、彼女たちは不器用なりに手探りで友達になっていくの。そんなの応援せずにはいられないじゃない! 

雨上がりの虹をみんなと見るだけでも幸せを感じたり、会話じゃうまく伝わらない気持ちを態度から読み取ろうとしてあげたり……そんなふうにぎこちなくつながった彼女たちが、「友達のために!」って精一杯奮闘していくんだよ。不器用だけど、ぎこちないながらに紡がれる温かい友情! 素敵な関係だな~! こういう友達がそばにいてくれれば、学校生活がと~~~っても楽しくなりそう!

 

HJ文庫
7月のラインナップ

 

ライトノベルのレコメンドサイト「キミラノ」では、キミにピッタリのライトノベルをご紹介! 好きなパートナーを選んで、キミだけのラノベコレクションを作りましょう!