オーバーラップ文庫 5月の新刊『ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました』のご紹介

こんにちは。「キミラノ」パートナーの綴野つむぎです。
「オーバーラップ文庫」5月の注目作品をご紹介していきます。

オススメ作品はこちら。
ノエルさんと私のコメントもぜひチェックしてください!

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました

f:id:kimirano_official:20200519123525j:plain

 

【あらすじ】

強大な魔物が棲むSランク指定区域『禁忌の森底』。その只中で天涯孤独な幼子ジードは魔物を喰らい10年を生き延びた。その後、世間知らずなジードは腐敗した王国騎士団に捕獲されて命令のままに働いていたが、彼の規格外の実力を見抜いた王都のギルドマスターからSランク冒険者にスカウトされて!?
そして冒険者ギルドでの初日――騎士団のノリで働いたジードは3日間不眠不休で数百数千の依頼を達成!? 以降も圧倒的な身体能力と魔法技術で次々と依頼をこなしていく。ジードに自覚はないが、その実力は‟人外魔境”のSランクすら凌駕しており……!? 超弩級新人冒険者の最強サクセスファンタジー、開幕!

 

ノエルのコメント

5歳のころからただひとり、強力な魔物が住んでる森で生き延びて、保護されてからはブラックな騎士団で睡眠も満足に取らせてもらえずに働かされ続けて……そんなきつ~~~い運命の中で鍛えられた、主人公のジードの実力はずば抜けているの!

育った森に住む魔物たちの魔法を操って、地下迷宮をひとりでほとんど制圧しちゃうなんて、ジードにとってはすごく簡単。歴史の一時代を築いたマジックアイテムを簡単に解呪したり、同じSランク冒険者の先輩をキックの一撃で倒したり、ジードの技量は他の人と隔絶、なんて言葉じゃ表現できないくらいなの!

でも、何よりジードを好きになれるのは、過酷な環境で生きてきたのに、周りの人や友達をすごく大事にするところ。友達のためなら、ようやく手に入れた私財をばらまいてでも依頼を遂行しちゃうよ。そういうかっこいい主人公が、他人を道具みたいに扱っちゃう悪の騎士団や帝国の人をやっつけるんだから、とっても胸がスカっとしちゃうんだ~!

 

つむぎのコメント

他の人と比べて大きな力を持ちながらも、過酷な騎士団の一般兵として使い潰されようとしていたジード。でも、そんな理不尽を味わっていた彼が、別の場所で本当の価値を認められていく姿には胸が熱くなっちゃいます!

お金はあるのに買い物をするという発想が浮かばなかったり、冒険者への依頼を根こそぎ持って行ってしまったりと、ギルドへの移籍当初のジードは、ブラックな職場の名残でおかしな価値観を発揮しちゃいます。
でも、周りの温かな人たちの感謝や評価によって、ジードが仕事の本当の楽しさや、休んでもいいんだっていう安らかな価値観に目覚めていくのを見ていると、なんだか自分のことのようにほっとしちゃうんですよね。

そして忘れてはいけないのが、人々の中でも、彼を最も認めてくれるようになるヒロインたちです。騎士団の上層部でたったひとり清廉な心を持つシーラや、負けず嫌いだからこそ、ジードと勝負し、その力を認めるクエナ。彼女たちは誰より正しい評価をくれますけど、彼女たちにも大きな危機や悩みがあって……認めてくれるヒロインたちを、持ち前の圧倒的な実力で救っていく、そんなジードの活躍がとっても痛快なヒロイックファンタジーです!

 

オーバーラップ文庫
5月のラインナップ

 

ライトノベルのレコメンドサイト「キミラノ」では、キミにピッタリのライトノベルをご紹介! 好きなパートナーを選んで、キミだけのラノベコレクションを作りましょう!