電撃文庫 5月の新刊『楽園ノイズ』のご紹介

こんにちは。「キミラノ」パートナーの綴野つむぎです。
「電撃文庫」5月の注目作品をご紹介していきます。

今月の「キミラノ」オススメ作品はこちら。
綾乃さんと私のコメントもぜひチェックしてください!

楽園ノイズ

楽園ノイズ

【あらすじ】

出来心で女装して演奏動画をネットにあげた僕は、謎の女子高生(男だけど)ネットミュージシャンとして一躍有名になってしまう。顔は出してないから大丈夫、と思いきや、高校の音楽教師・華園美沙緒先生に正体がバレてしまい、弱みを握られてこき使われる羽目に…… 無味無臭だったはずの僕の高校生活は、華園先生を通じて巡り逢う三人の少女たち――ひねた天才ピアニストの凛子、華道お姫様ドラマーの詩月、不登校座敷童ヴォーカリストの朱音――によって騒がしく悩ましく彩られていく。 恋と青春とバンドに明け暮れる、ボーイ・ミーツ・ガールズ!

 

綾乃のコメント

言葉じゃなくて心で通じ合ってる。音楽にどこまでも真剣な男の子や女の子たちの、爽やかで温かな繋がりがすっごく好きだなー!

その分野にのめりこむほどの情熱を持つ人なら、強烈な熱意があるぶん、妥協できない、簡単には解決できない悩みが絶対に生まれちゃうんだよね。このお話で言えば、それは自分の音だったり、家族との関係だったり、あるいは音楽そのものへのスタンスだったり……みんな音楽に真摯で一途なのがよくわかるからこそ、このお話に出てくる子たちの苦悩や葛藤が、読んでいてとても痛切に伝わってくるんだよ。

でも、裏を返せば、それだけみんなひとつのものが――音楽が大好きってことだよね! ひとりではどうにもならない苦しみを抱えていても、どこか似た傷を抱えた子たちと、大好きな音楽をぶつけ合って救い救われる……みんなのそんな関係性が、とっても清々しくて気持ちよくて、心が洗われるようなお話だったよ!

 

つむぎのコメント

「神様のメモ帳」など多くのお話を手掛けてきた、杉井光先生の最新作です! 音楽経験のある先生だからこそ描ける、物語の形をとった音楽の世界に浸りたくなること間違いなしですよ!

ピアノを弾く際に絶対に紛れてしまう音や、ロックなドラムを奏でたい時の工夫であったり。このお話に現れるひとつひとつの音楽には、この分野に造詣の深い作者さんにしか出せない、息づくようなリアリティが感じられるんです。そんな現実味によって醸し出される物語の空気には、音楽が好きな人ほどきっと共感してしまいますよ。

もちろん、音楽にはあまり詳しくないという人も心配は不要です。テンポの良さと疾走感で、音楽という分野の新しい魅力を軽快な読み味で味わえちゃいます! 王道的青春小説、ぜひ楽しんでみてくださいね!

 

電撃文庫
5月のラインナップ

 

ライトノベルのレコメンドサイト「キミラノ」では、キミにピッタリのライトノベルをご紹介! 好きなパートナーを選んで、キミだけのラノベコレクションを作りましょう!